流通経路を明らかにする

■安ければ売れるというわけではない。

例えばブランド物のバックを定価より安く販売する場合、お客様からすれば、「本当に本物なの?」「B級品じゃないかしら。」という不安が常に付きまとうものである。また、価値あるものが、変に安く値段を付けたために売れなかった。というケースも世億ある。値段を元に戻したらかえって売れたということもよくある。前にも「安い理由は何か」ということを明確化しないといけないと述べたが、流通経路を明らかにするのも、その手法の一つである。逆に言えば、それば価値のある絶対にお買い得な商品であるという価値の演出につながる。